トップページ | ゴッドファーザー No.1 ,2,3 コンプリートBOX »

2017年1月 8日 (日)

人類移住計画と仮想現実の関係性

自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店 ロクメイコーヒー


昨年末、テレビ東京の『やりすぎ都市伝説』で放送された内容が、過去に公開されたハリウッド映画作品と大変関連があることに気付き、ロックフェラーやロスチャイルドといったユダヤ系国際金融資本グループの陰謀がますます現実味を帯びてきた。

2030年から始まると予測されるミニ氷河期に備えて密かに進められている火星への人類移住計画。人類全体が移住出来る訳がない為、ノアの箱船に乗れるエリートの選別が2018年から始まるという。ユダヤ教にはユダヤ民族こそが神に選ばれた民族だとする選民思想の教義が存在するため、恐らく火星に移住出来るのはユダヤ系国際金融資本グループを中心とした人間達となるのだろう。

それでは残された人類はどうなるか、残りは氷河期の地球でそれぞれのアイデンティティのみを存続させるために、生身の肉体を捨て、意識のみをAI知能に移植させて仮想現実の世界で生きていくという選択肢を強制することになる。

『アバター』『マトリックス』『サロゲート』といった人間の肉体と精神を分離した仮想現実の世界を描いた過去のハリウッド映画作品は、実はそのような世界が現実化することを予め見越した支配層が大多数の人間達を洗脳する目的で作られたのではないかと私は考えている。

ポイントインカム お金がたまるポイントサイト














トップページ | ゴッドファーザー No.1 ,2,3 コンプリートBOX »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人類移住計画と仮想現実の関係性:

トップページ | ゴッドファーザー No.1 ,2,3 コンプリートBOX »